反政府デモを受け「最低賃金1万円超アップへ」(英)

2018/12/11

………………………………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………………

フランスのマクロン大統領は

10日夜(日本時間11日未明)

国民向けにテレビ演説。

来年1月から

最低賃金を「月額100ユーロ(約1万3千円)」引き上げ、

残業代やボーナスを非課税にするなどの譲歩策を発表した。

 

「燃料税引き上げ方針」をきっかけに

反政府デモが、全土に広がったことについて、

「多くのフランス人が共有できる深い怒りだ」と理解を示し、

「経済と社会の非常事態を宣言したい」として

所得再分配策を明らかにした。

 

手取りが月額1185ユーロ(約15万円)の最低賃金を

100ユーロ(約8%)引き上げ。

残業代には課税せず、労働者が満額受け取れるようにする。

など、

11日に議会に一連の譲歩案を提案する。

 

マクロン氏は、財源については語らず、

来年の予算で財政赤字をGDP比2・8%以内に抑えるという

当初目標をどう達成するかは明らかにしなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000017-asahi-int

………………………………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)最低賃金を上げた分の原資はどこから捻出するの?

景気上昇もしてない見せかけの賃上げは、

国民負担や失業者を増えるだけなんじゃ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA