中学1年生の男女殺害事件、被告に死刑判決(寝屋川市)

2018/12/20

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

大阪府寝屋川市の中学1年生、

星野凌斗さん(当時12)と平田奈津美さん(当時13)が

殺害された事件の裁判で、

大阪地裁は、

山田浩二被告(48)に対して

死刑を言い渡した。

 

裁判の争点は、

「星野さんの死因」と「平田さんに対する殺意」

山田被告は

「何らかの体調不良が原因で亡くなった」と弁解。

一方、検察側は、

窒息死などの特徴がみられるなどの理由から

首を圧迫して殺害したとしている。

大阪地裁は

・星野さんの死因は、窒息死であると特定できる。

・平田さんに、粘着テープを巻き付ける行為などから殺意を認定。

・山田被告は、虚偽の供述をしていると言わざるを得ない。

として、

求刑通り死刑を言い渡した。

山田被告の弁護士は、即日控訴した。

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)死刑になって当然じゃないかな。

山田被告も覚悟してたみたいだし。

何らかの体調不良が原因で亡くなった…に唖然。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA