ゴーン前会長側が準抗告、虚偽記載容疑で再逮捕

2018/12/11

………………………………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………………

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで

再逮捕された日産自動車の

前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)と

前代表取締役、グレゴリー・ケリー容疑者(62)について、

東京地裁は10日間の勾留を認める決定をした。

期限は今月20日。

 

ゴーン容疑者の弁護人は、勾留決定を不服として東京地裁に準抗告した。

 

2人は共謀し、ゴーン容疑者の役員報酬が、

約42億7千万円少なく記載したとして、10日に再逮捕された。

https://www.sankei.com/affairs/news/181211/afr1812110019-n1.html

………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)ざっくり用語解説

準抗告(じゅんこうこく)・・・

勾留や保釈、押収など、裁判に不服がある者が、

取消や変更などを請求する不服申立て。

 

勾留(こうりゅう)・・・

刑事施設などに拘束すること。

(拘禁する旨の裁判官・裁判所の裁判・当該裁判に基づく)

………………………………………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA