コンビニ・佐川「お正月は、休業」

2018/12/18

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

お正月の働き方改革

北海道を中心に展開する、

コンビニエンスストアの「セイコーマート」。

看板に、24時間年中無休と書かれているが、

その過半数にあたる店舗で、

2018年の元日から営業を取りやめている。

 

2019年の元日に休業するのは、

1193店舗のうちの671店舗。

同じ地域で全て休業とならないように配慮。

 

休業により店舗の売り上げは減少するものの、

それ以上のメリットがあるという。

・休む店が多くなると、配送するドライバーもお休みできる。

・製造している工場の従業員も、お休みが取れる。

・従業員の満足度が上がる。

・結果として、お客様へのサービスが良くなる。

 

お正月の働き方改革は、

ほかの小売業や物流業界にも広がりをみせている。

スーパー

「成城石井」… 7割の店舗で元日休業。

「サミット」・「いなげや」… 元日だけでなく、2日も休業。

物流

「福山通運」… 三が日を休業。集荷・配達を行わない

「佐川急便」… 元日の発送業務を休止。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00010014-houdoukvq-bus_all

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)元日くらいは、

郵便局以外の年賀状配りと、

緊急に対応が必要な職(病院とか)以外、

全部休みでいいと思う。

全部休みってわかってるなら、事前にみんな対策するし、

正月休んでる人が、正月も仕事しろなんて思わないよ。

やってたら嬉しい程度。

目先の利益や、他店との競争に躍起になり過ぎだと思うし、

周りがやってるから、ウチもやるみたいな風潮は嫌い。

 

本当の利益って、会社全体の満足度じゃないかな?

純利益しかり、従業員満足度しかり、顧客満足しかり。

従業員満足度が低いと、顧客満足も低いけど。

顧客満足も低いと、純利益も伸び悩むけど。

人材不足の時代に、いつまでも目先の利益にこだわって

正月1日休めない程、切羽詰まってる会社は

今の時代どうなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA