【札幌ガス爆発】アパマン、スプレー缶で「消臭代2万円」ぼったくってた(ノルマ)

2018/12/20

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

12月16日に起きた札幌ガス爆発事故。

事故原因は

不動産仲介会社「アパマンショップ」の従業員が、

室内で消臭スプレー約120本を噴射し、

湯沸かし器を点火で爆発したものと判明。

 

だが、「アパマンショップ」元従業員は、

「起こるべくして起こった事故です」と「週刊文春」に告発。

 

・仲介手数料以外に『消臭・抗菌代』などをつけるようノルマが課されている。

・専門業者が作業をするわけではなく、店舗スタッフが消臭スプレーでやる。

・スプレー缶1本、10800円を請求し、1Kの部屋なら2本分が相場。

・本当に契約通りの本数で作業したら、床がベチャベチャになる。

・そもそも匂いが消えている部屋もあるので、店舗に持ち帰るしかない。

・余ったスプレー缶が見つかると怒られるから、定期的に穴開け作業をしていた。

 

12月20日(木)発売の「週刊文春」では、元従業員によるアパマン企業体質の告発を報じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00010067-bunshun-soci

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)アパマンさんは、

爆発でケガした人以外にも

たくさんの被害者(お客様と従業員)

がいるので、早急に業務改善してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA