「ふたご座流星群 」が見れるかも(13日、14日)可能性がある時間は?

2018/12/13

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が

13、14日の夜に出現のピークを迎える。

 

時間帯は、

午後10時~翌日の未明にかけての観察が適している。

今年は、12月14日(金)21時頃に極大を迎える予想。

 

暗い場所で観察すると、多い時で1時間に40個程度の流星が見られる。

肉眼で15分以上観察することを推奨。

 

流星群は、

彗星から放出されたちりの集団が、地球の大気に衝突して光を放つ現象。

「放射点」と呼ばれる中心点から四方八方に流れる。

ふたご座流星群の放射点は、ふたご座の2等星カストルの近くにある。

 

https://www.yomiuri.co.jp/science/20181213-OYT1T50039.html

https://news.yahoo.co.jp/byline/hidehikoagata/20181212-00107404/

…………………………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………………………

(´・ω・`)願い事しまくるか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA